FC2ブログ
日々の活動、メンバーの文章など。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
【お知らせ】
お待たせいたしました!
「九大短歌」第八号の通販を開始します。価格は送料込みで600円です。ご希望の方は
kyudai.tanka@gmail.com
またTwitter(@KyudaiTanka)のDMにてご連絡ください。
バックナンバーも
創刊号〜第四号 500円
第五号〜第七号 600円
で受け付けております。ぜひ!!!
スポンサーサイト
page top
[九大短歌」第7号通販のお知らせ
大変長らくお待たせいたしました。機関誌「九大短歌」第7号の通販を開始いたします。
今回はなんと17名から270首の寄稿があり、過去最大の密度となっています。ぜひぜひ。
(以下目次)
会員作品
一〇首連作 「ゲーム」                       今村亜衣莉 
         この中の一人か二人は生理であって      長友 重樹 
         三十一文字とおいしいごはんⅡ         海老原 愛 
         春の箱庭                       松本里佳子 
         世界                          大庭 有旗      
         間違えて生きていこうよ              大庭 有旗 
二〇首連作 ソウルフード                      真崎  愛 
三〇首連作 禁煙できたい                     黒川  鮪 
       春と自我                        石井 大成 
五〇首連作 珈琲と罪人の話した春の             海老原 愛 
        生きろボキャブラリー/カービィの瞳        菊竹胡乃美 
一首評    大場彩加                        神野 優菜 
        俵万智                        福島 千尋 
        鳥居                           石井 大成 
特集 開花前線from九州 ライン座談会                    
ゲスト寄稿(宮崎大学短歌会・福岡女学院大学短歌会) 

また機関誌発行後に作成したフリーペーパー「九大短歌号外 新会員お披露目号」もあわせてお送りします。
作品 虹色の傘              福島千尋
    ペパーミント             神野優菜
    明日もつぶつぶでいようよ    鎌田彩海
    春のセリフ              鍋倉悠那

価格は送料込みで600円です。料金のお支払い方法に関しては追って連絡を差し上げます。
またバックナンバーの通販も受け付けております。
価格は   創刊号~第四号   500円(送料込み)
        第五号~第六号   600円(送料込み)  です。
通販をご希望の方は Twitter(@KyudaiTanka)のDMまたはメー(kyudai.tanka@gmail.com)までご連絡ください。
page top
九大短歌6号の通販を開始します。
こんにちは、九大短歌会代表の石井です。
まずはご報告がひとつ。10月6日に「九大短歌」6号を発行いたしました。代表が替わってから初の機関誌である今号は詠草のバラエティーが豊かな一冊になりました。
そんな「九大短歌」6号の通販を開始します。
頒価は送料込みで600円です。
ご希望の方は
kyudai.tanka@gmail.comまで氏名、住所(郵便番号から書いていただけると助かります)、ご希望の号、部数をお送りください。(バックナンバーも販売しております)
今後とも「九大短歌」をよろしくお願いします。

石井大成
page top
代表交代、並びに「九大短歌」第5号通販のお知らせ
こんにちは。九大短歌会の石井大成です。
お知らせが2点あります。
①九大短歌会代表交代のお知らせ
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、九大短歌会発足から代表を務めてきた山下翔が今年の6月をもって九大短歌会を引退しました。
新代表は私石井大成が務めます。若輩者ですがよろしくお願いいたします。

②「九大短歌」第5号の通販について
先日発行いたしました「九大短歌」第5号の通信販売を開始します。第5号には我々新入会員の歌や、特別企画として「牧水・短歌甲子園」についての対談も収録されております。
お名前、ご住所(郵便番号から書いていただけると助かります)を明記の上、
kyudai.tanka@gmail.com(@は半角になおしてください)
までお申し込みください。
頒価は送料込みで600円です。
申し込みの確認が出来次第、振込案内のメールを送らせていただきます。
また「九大短歌」のバックナンバーも販売しております。(バックナンバーは一律500円です)
なお製本が追いつかず、発送までにやや日数がかかる場合があります。ご了承ください。

最後に、代表が変わっても九大短歌会は変わることなく続いていきます。至らない点も多いと思いますが、今後とも九大短歌会をよろしくお願いいたします。



page top
大学短歌バトル2015【予選】
 去る3月1日、「大学短歌バトル2015」が開催された。当会としては非常に残念だが、現役の大学生でかつ、当日会場へ行ける人の目処がたたなかったため参加を見送ったのだった。
 それでせっかくなので、いくつか歌をみていきたい。本来なら動画も見ることができればいいのだが、その環境にないので、三上春海さんによるまとめを参照する。

【予選】

・言葉にはさせないつもり 秋風にさからって手をつないで歩く
     永井亘(早稲田短歌会)

 言葉にするとだめになってしまうことがある。言葉にしたとたんすでに多くのことが失われてしまう、そのことに堪えられるだけの関係性になければ、それがすれちがいのもととなってしまう。多くのこと、それはたとえば温度や緊張感、イメージ、時間をかけてはぐくむことでいっそう豊かになるであろうもの。
 けれどもどうにかして言葉にしたい、言葉にして伝えたい、届けたい、という気持ちが一方にはある。だからその隙を与えない、「秋風にさからって手をつないで歩く」という動きが、特別なものではないが力強い。
 さかさって手を/つないで歩く、と切れることで、結句へ勢いがつく。けれどもそれが強引ではないのは、「秋風に」さからって、とした巧妙にあるだろう。ほんとうは、言葉にしようとしているあなたをさえぎって、その衝動にさからっているのだから。

・どこからがよわさでどこからがやまい YAHOO! JAPANの画面あかるく
     橋爪志保(京大短歌)

 なんでも病名がつく、というとなんだか嫌な言い方だが、かつて「よわさ」だと言われ、すなわち強くなれと言われてきたことが、いまではひとつの「やまい」と認められるようになった、ということがあると思う。それでもなお、「よわさ」と「やまい」の線引きはぼんやりしている。人によっても反応がちがう。そのふたつのちがいがもうよくわからない、ぼんやりしていて苦しい、という気持ちを上の句から感じた。
 それはべつに、インターネットでいろんな情報に触れながら、というふうに下の句をからませる必要はさしてないだろう。そのときにたんに目にはいったものが、「YAHOO! JAPANの画面」だったのだ。そのあかるさが、いまは痛々しい。

・いぬよ あのロールケーキのふんわりに牙をさしこみたいよね わかる
     今井心(北海道大学短歌会)

 今井さんの歌にこれまで触れてこなかったのだろうな、といくつか歌を見ておもった。つまり一読してびっくりした。犬に呼びかける歌に、こんなにかわいいものを見たことがない。
 ふんわりしたロールケーキに、ではなくて「ロールケーキのふんわりに」としたところ、「ふんわり」と「牙」の対置、<いぬよ~わかる>という構造、といった技巧的なところもさることながら、共通認識の「あの」、あるいは「よね」、「わかる」、そして「犬」ではなく「いぬ」という表記、それらからくる犬との距離感に心を打たれる。
 そしてその近さは、たんに仲良しで親近感をもっている、というのではない緊張感をはらんでいる。快楽や暴力に意識がむく。それらをまるで、ふだんは見ないことにしているかのように、かわいさがおおっている。

(山下翔)
© 九大短歌会. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。