日々の活動、メンバーの文章など。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ためらいも、衒いもあって(中山俊一 第一歌集『水銀飛行』)
 新鋭短歌シリーズも第3期に突入し、中山俊一歌集『水銀飛行』はシリーズ29冊目ということになる。

・七の段くちずさむとき七七の匂いに満ちる雨の土曜日
・息継ぎのように今年も現れて夏の君しか僕は知らない
・ひとたまりもない夏の笑みこの先が西瓜の汁のように不安さ

 ねっとりと濃い話題を、アイディアと語彙で力強くうたっていく。
 しちしちしじゅうく、という「九九」の呪文から雨の土曜日を導く一首目。七七の匂い(のなか)に雨の土曜日を感じるのか、雨の土曜日が七七の匂いに(で)満ちるのか、そのどちらもだろう。たっぷりと字数を使ってアイディアに説得力をもたせている。君はどういう人だろうか、息継ぎのように、という比喩からいろいろ想像してみる。息継ぎは短い、くりかえす、やらないとつらい。ひょこっと顔を出して夏だけ会える人、という単純な感じではないことがわかる。七と雨、息継ぎと夏、夏と西瓜、縁語のようなことばづかいが、しかしそのままは結びつかない。不安になるくらい、歌が胸にくる。

・カンバスに描かれてぼくの体重はカンバスきみが持ち帰るとき
・ふたりして海に降る雨を眺めてた水溶性の傘をひらいて
・うけいれるかたちはすべてなだらかに夏美のバイオリンの顎あて
・癖になる季節の遠さ ふときみがスノードームを逆さまにして
・海水と花火の接吻 ジュッ きみの寝言の語尾も守れないのか
・ももいろのゼリーに桃が透けていた健やかな人と云われたい夏

 さっき力強いと書いたけれど、これはためらいのなさ、衒いのなさかもしれない。絵にかかれた僕の体重はカンバスの重さ、という把握。「水溶性の傘」、ってそれじゃあ濡れてしまう。きみ=夏美なのか、いきなり名前が明かされる。(もちろ違ったっていい。)「癖になる季節の遠さ」、これもフレーズの強さ。五首目、「接吻」まで言うかなあ、と思いながら、一首のペースに巻き込まれてしまう。「寝言の語尾」なんて考えもしなかった。と思えば、六首目のような、手放しと言ってもいいような歌が入ってくる。
 一首のつくりも、連作の構成も、歌集としての推進力も兼ね備えている。ためらいも、衒いもあって、それでもポーズをとっているのだ。
(山下翔)
スポンサーサイト
© 九大短歌会. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。